PR

 九州大学 教授で、最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)センター長の安達千波矢氏は2014年7月11日、セミナー「有機エレクトロニクスの次の方向性を考える」で講演した。「FIRSTプロジェクトの総括と今後の展開」という題目の講演で安達氏は、これまでの研究成果を紹介すると同時に、今後の研究開発の方向性を示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料