PR
説明パネル
説明パネル
[画像のクリックで拡大表示]

 富士ゼロックスは、2014年7月16~18日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2014」において、「カルテ監査」向けシステムを参考出展した。「これまで人の手によってアナログ的に処理していた文書作成をシステム化したもの」(同社)。

 今回のシステムの基盤となるのが、富士ゼロックスの診療記録統合管理ソリューション「Apeos PEMaster ProRecord Medical」。病院内で日々発生する膨大な量の診療記録を収集・整理して一元管理するソリューションである。紙・電子を問わずさまざまな媒体・形式で作られた診療情報を統合管理できる。PACSになぞらえて、大阪大学医学部附属病院 医療情報部が提唱する「DACS」(Document Archiving and Communication System)というコンセプトを具現化したソリューションだ。

 カルテ監査システムは、この診療記録統合管理ソリューションで集めた情報を積極的に活用しようというものである。「カルテ監査は電子カルテを導入すれば簡単に対応できると思われていたが、実際はそうではない。電子カルテ以外の院内システムにある多くの情報を利用しなければならない。そこで、病院内のあらゆる文書情報を一元管理している診療記録統合管理ソリューションを活用することで監査効率が大幅に改善する」(富士ゼロックス)。

 システムのイメージ画面は、図の通り。どの情報が「ない」のかなどを視覚的に把握できる画面にしているのが特徴だと説明する。現在は、大阪大学医学部附属病院で試験運用している段階という。