PR
展示したプラットフォームの画面例
展示したプラットフォームの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムメディカルは、2014年7月16~18日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2014」において、病院内の各診療システムで管理されているデータを一つに集約して表示できる統合プラットフォーム「CISワークステーション」を展示した。2014年冬の提供開始を予定している。

 今回のプラットフォームは、いわば「医師のためのポータル画面」(同社)であると説明する。医療のIT化が進む中で、検査画像やバイタル情報、処方情報など多くのデータは各診療部門システムでそれぞれ管理されており、患者ごとの必要な診療情報を呼びだすためには煩雑な手続きが必要だった。これらを一覧表示させ、医師が必要な情報を簡単に呼びだせるシステムである。

 「目的別患者リスト」機能を搭載しており、医師や医療スタッフが「入院予約患者」「特定の病名がついている患者」などの条件を設定すれば、目的の患者もしくは患者群が特定され、患者ごとの診療プロセスの進捗情報を検索・表示できる。

 また、同プラットフォームに表示させる診療情報は、機能別のフレーム(ガジェット)として自由にレイアウトしたり追加できたりする。ステータスをカラー化することなどで、今日1日何をすればよいかなどを一覧することもできる。

 今回のシステムを活用すれば、「電子カルテ単体ではなかなかできなかった、治療方針の決定支援といった使い方も可能になる」(同社)という。