PR
講演する木曽氏
講演する木曽氏
[画像のクリックで拡大表示]

 生命科学インスティテュート 代表取締役 常務執行役員の木曽誠一氏は、「次世代薬局サミット2014 ~地域包括ケア時代の“健康管理ステーション”へ~」(2014年12月2日、主催:日経デジタルヘルス)に登壇し、グループ会社の「じぶんからだクラブ」の取組みを紹介した。

 じぶんからだクラブは、健康ライフコンパスが運営する、薬局で血液検査を受けられるサービス。コレステロール値や中性脂肪など、生活習慣病関連の13項目をチェックする。病院に行かなくても受診可能で、検査結果はWebサイトで確認できるという手軽さが特徴だ。

 じぶんからだクラブという名称は「自分の体」と「自分から」という意味を込めたという。利用者が同意すれば、薬局で検査結果をもとにした生活習慣や商品のアドバイスを受けられる。採血は医療行為となるため法令上薬剤師は実施できない。そこで利用者が自己採血する形態を採ることで薬局で実施できるようにした。自己採血するという点は既存の郵送検診と同じだが、薬剤師によるアドバイスを受けられるため安心して利用できると説明する。2840円(税抜き、参考価格)と安価な点も売りだ。