PR

 トヨタ自動車は、「2015 International CES」の報道関係者向け発表会で「水素社会の実現に力を注ぐ」考えを強調した。会場では同社がこれまでに取得した燃料電池車(FCV)の特許を無償で提供すると発表。さらにFCVと住宅の模型を電力線ケーブルでつなぎ、「FCVは停電時などの緊急用蓄電池として使える利点」(米Toyota Motor Sales USA, Senior Vice PresidentのBob Carter氏)があることをアピールした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料