PR

 「2015 International CES」の韓国、中国のテレビメーカーのブースへ行くと、「QUANTUM DOT」の文字が大きく躍っている。量子ドットである。量子ドットとは化合物や酸化物の半導体の微粒子(数n~数十nmのサイズ)。発見された当初は、移動が抑制され、狭空間に閉じ込められた状態の電子を指す概念であった。その後、こうした状態を実現する半導体微粒子を量子ドットと呼ぶようになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中