PR
図1 EVコンセプト「BOLT EV Concept」を披露するGM社CEOのMary Barra氏
図1 EVコンセプト「BOLT EV Concept」を披露するGM社CEOのMary Barra氏
[画像のクリックで拡大表示]
図2 フロントビュー
図2 フロントビュー
[画像のクリックで拡大表示]
図3 リアビュー
図3 リアビュー
[画像のクリックで拡大表示]
図4 インテリア
図4 インテリア
[画像のクリックで拡大表示]

 米General Motors(GM)社はサプライズを用意していた。2015年1月12日(米国時間)に開幕した米国最大の自動車展示会「The North American International Auto Show(NAIAS、デトロイトモーターショー)」において、電気自動車(EV)のコンセプト「Chevrolet BOLT EV Concept」を披露したのである。誰もがプラグインハイブリッド車(PHEV)の次期「Volt」が同社の主役と思っていた中で、一般消費者の手の届く価格で長距離走行が可能なEVの投入を宣言した(関連記事)。

 GM社Chief Executive Officer(CEO)のMary Barra氏は、「Boltは(電動車両への補助金が手厚い)カリフォルニア州だけに向けたものではない」とキッパリ(図1、関連記事)。BOLT EV Conceptの開発を基点として「幅広い客層が購入可能なEVを目指す」と意気込んだ。発売時期は明らかにしていないものの、3万米ドル(1米ドル=120円換算で360万円)の価格をターゲットとする(図2~4)。1回の充電で走行できる距離は200マイル(約322km)超を目指す。

 Barra氏はBOLT EV Conceptを「まさにゲームチェンジャー」と紹介、一般消費者が購入可能な価格帯で300kmを超える走行距離を備えるEVを投入して市場の活性化を狙う。米国内だけでなく、世界市場への展開を想定している。