PR
HUDをデモ展示
HUDをデモ展示
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱電機は、クルマのフロントガラスに映像を直接投射するヘッドアップディスプレー(HUD)のデモンストレーションを「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20~22日、パシフィコ横浜)で披露した。

 デモでは、液晶パネル方式とレーザースキャン方式の2種類を用意した。両方式とも2.1m先に17インチ相当の映像が見えるという。

 液晶パネル方式は、近々に商品化を計画しており、表示のソフトウエアやデザインまで三菱電機で手掛けることができるとしている。解像度は800×200。コントラスト比は1000対1である。

液晶パネル方式のデモの様子
液晶パネル方式のデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]