PR

ドイツContinental社は、ドイツの高級自動車メーカーと共同開発中の次世代のコンビメーター「Next Gen HEC」を「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20~22日、パシフィコ横浜)に出展した(図1)。全面に液晶パネルを配し、速度計や燃料計などのメーター類の他、ナビゲーション画面やスマートフォンの画面、パーキングアシストの画面などを表示したりできる。「必要な情報を必要なときに大きく詳しく表示できるのが利点」(同社説明員)という。また、表示のデザインを車種ごと、走行モードごとに変更したい場合にソフトウエアの変更だけで済む点も利点という。実用化の目標時期は、早ければ2年後としている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)