PR
基調講演するTCL社のDongsheng Li氏
基調講演するTCL社のDongsheng Li氏
[画像のクリックで拡大表示]
CSOT社の110型4K曲面液晶
CSOT社の110型4K曲面液晶
[画像のクリックで拡大表示]
CSOT社の55型4K量子ドット搭載液晶
CSOT社の55型4K量子ドット搭載液晶
[画像のクリックで拡大表示]
CSOT社の有機EL
CSOT社の有機EL
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレー分野で世界最大の学会「Society for Information Display(SID)」(2015年5月31日~6月5日、米国サンノゼ)の基調講演で2番目に登壇したのは、中国TCL社Chairman and CEOのDongsheng Li(李東生)氏だった。TCL社は中国を代表する家電メーカーであり、傘下に液晶パネルメーカーの中国China Star Optoelectronics社(CSOT:華星光電)を持つ。

中国がディスプレー産業の中心地に

 ディスプレー産業はこの1~2年、中国シフトが加速している。この動きを象徴するように、1年前のSIDでは中国液晶パネル最大手のBOE Technology Group社が基調講演をした。これに続く、2年連続の中国メーカーの基調講演となった。

 Li氏はまず、ディスプレーの市場および産業動向について解説した。現在の経済成長を牽引しているのは中国をはじめとする新興国であり、中国についていえば、今後は国内消費が中国経済を引っ張ると述べた。

 液晶テレビ産業についても、同じ傾向だという。テレビの大画面・高精細化やスマート化も、中国は世界平均を上回るとする。さらに、大型液晶パネルの新工場投資は中国大陸に集中しており、中国メーカーの役割が重要性を増していると語った。パネルの国内自給率も急上昇しており、2012年には34%だった自給率が2017年には83%に達するという予測を披露した。

 一方、スマートフォンについても、中国メーカーの存在感が急上昇していると指摘。高性能の中小型パネルを生産できる新工場の建設も着々と進んでおり、2017年には高精細化に向く低温多結晶Si(LTPS)TFTの第6世代工場が中国大陸に5本立ち上がるという見通しを示した。