日本ではC言語やSystemCでICが設計できることから、高位合成の人気が高い。ただし、高位合成を使った得た設計データに基づいてレイアウト設計に進むと、配線の密集が発生しやすいという課題がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い