PR
講演する水島氏
講演する水島氏
[画像のクリックで拡大表示]

ビッグデータの“公益管理団体”に

 こうした取り組みの背景にあるのは「ICTデータ(ビッグデータ)の利活用に関するガイドラインが存在しない中、企業や団体によるデータの収集は進んでおり、海外へのデータ流出やデータ開示の面で課題がある」(ITヘルスケア学会)との認識だ。ヘルスケア分野でのデータの収集や管理には「多くの技術的、法的、倫理的課題があり、改正薬事法(医薬品医療機器等法)や改正が検討される個人情報保護法への対応も必要になる」(同学会)。

 これらの課題に主体的に取り組み、ヘルスケア分野の「オープンデータ、ビッグデータの活用を推進する学会になる」(水島氏)。これがITヘルスケア学会の法人化の主眼の1つという。“医療健康情報の公益管理団体”となることを掲げて同学会は再始動した。

 この先、ヘルスケアビッグデータ利活用の環境整備に向けて、次のような取り組みを進めるという。(1)情報基盤の構築、(2)企業グループに依存しないデータ収集、(3)倫理委員会によるデータ管理、(4)データに関するガイドラインの策定、(5)オープンデータとしての提供、(6)データを利用した研究活動の推進、(7)データを財産とした財団との連携、である。

 学会検診事業に関しては、第1弾モデル事業として「美肌菌ドック」の開発と運営をクリニカルパス(東京都杉並区)に委託した。肌質を検査する自由診療検診プログラムである。データ利活用のガイドライン策定に向けては「ドラフトを作成した段階」(水島氏)。2015~2016年に策定を完了したい考えだ。