PR
左側に他のユーザーの状況が掲載されている(写真:Microsoft社)
左側に他のユーザーの状況が掲載されている(写真:Microsoft社)
[画像のクリックで拡大表示]
「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」
「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft社は、ゲーム業界の世界最大級の展示会「E3 2015」において、同社の据置型ゲーム機「Xbox One」に導入する新機能に関する記者説明会を実施した。販売台数の面で、Xbox Oneは、ソニー・コンピュータエンタテインメントの据置型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」に大きく水をあけられている(関連記事)。それだけに、機能拡充によって、販売台数をさらに増やそうという意気込みが伝わってきた。この説明会で紹介されたのが、音声認識アシスタント「Cortana(コルタナ)」や従来機「Xbox 360」のゲームをプレーできるようにする後方互換機能、ソーシャル機能の強化、そして新型コントローラーである。

 コルタナは、2015年7月29日に発売されるOS「Windows 10」で実装される機能で、端的に言えば、“Windows版Siri”である。コルタナの“知能”と“知識”の部分は、Microsoft社のWeb検索エンジン「Bing」のデータベースを基にしており、自然言語でのファイル検索やプレゼン操作などもこなすほか、操作履歴や環境に基づいて学習する機能も備えているという。このコルタナがXbox Oneにも搭載される。

 アカウントが共通であれば、複数のWindows 10搭載端末の操作履歴を読みとり、Xbox Oneを操作する前にスマートフォンで何をしていたか、といった文脈を理解するようだ。コルタナは人気FPS(一人称視点シューティング)の「Halo」シリーズに登場するAIキャラクターの名称。それだけに、Xbox Oneユーザーにはおなじみの機能といえる。