PR
SCEの吉田氏
SCEの吉田氏
[画像のクリックで拡大表示]
SCEブースでのモーフィアスのデモ
SCEブースでのモーフィアスのデモ
[画像のクリックで拡大表示]
モーフィアスのデモの様子
モーフィアスのデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲーム業界の世界最大級の展示会「E3 2015」で話題をさらったのがVR(拡張現実感)ゲームである。各社から関連する発表や展示が相次いだ。中でも、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、据置型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」に向けた、VR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」の試作機を出展し、さまざまなVRゲームのデモを披露した。そこで、同社のゲーム開発のキーパーソンであるWorldwide Studios プレジデントの吉田修平氏に、VRコンテンツの動向やE3での発表内容などについて話を聞いた。(聞き手は小野憲史=ゲームジャーナリスト)

―――2015年3月に開催されたゲーム開発者会議「GDC 2015」で初めて見せた、モーフィアスの新型試作機をE3の多数の来場者に向けて幅広く公開した。対応ゲームも多い。

技術デモも含めて18タイトルを展示した。中でも、最も広い展示スペースを用意したのが、3対3でオンラインの対戦チームプレーが楽しめるアクションシューティング「RIGS」だ。一人称視点シューティングの人気タイトル「KILLZONE(キルゾーン)」を開発している、SCE傘下のオランダGuerrilla Games社が開発した。