PR
複数メーカーのセンサーに対応するスマホによるデータ収集システム
複数メーカーのセンサーに対応するスマホによるデータ収集システム
[画像のクリックで拡大表示]

 アライドテレシスは東京ビッグサイトで開催されている「国際モダンホスピタルショウ2015」(2015年7月15~17日)に、1台のスマートフォン(スマホ)で複数メーカーのセンサーから情報を収集するシステムを展示している。コヴィア社のAndroid搭載スマホが近距離無線通信「NFC IP-2(NFC Interface Protocol-2)」を使って、血糖値、血圧などのデータをメーカーの枠を超えて収集、クラウド上のデータサーバーに保管する。

 センサーデータをNFCなどの無線通信を使って収集する仕組みはこれまでもあった。ただし、それらはメーカーごとに閉じた仕組みであり、1台のスマホで複数メーカーのセンサーデータを収集することはできなかった。

 今回展示するデータ収集システムは、福井大学医学部付属病院の働きかけで実現したもの。各メーカーがNFC IP-2より上位レイヤーのプロトコルやデータフォーマットを共通のルールに合わせることで、1台のスマホで複数メーカーのセンサーからデータを収集できるようになった。

 ブース内には、コヴィア社のスマホとともに、オムロンコーリン、テルモ、ニプロ、アークレイの対応センサーを展示。主な用途としては、地域包括ケアにおける在宅患者のバイタルデータ収集などを想定する。アライドテレシスはネットワークインテグレーターの立場で、同システムの展開に協力しているという。