PR
在宅医療共有システム Medicom‐HCLink
在宅医療共有システム Medicom‐HCLink
[画像のクリックで拡大表示]
訪問時記録のバイタルサインや生活状況はテンプレートを作ることができる
訪問時記録のバイタルサインや生活状況はテンプレートを作ることができる
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック ヘルスケアは、「国際モダンホスピタルショウ2015」(2015年7月15~17日、東京ビッグサイト)に、在宅医療チームで情報を共有するクラウドサービス「在宅医療共有システム Medicom‐HCLink」を出展した。医師や看護師、薬剤師、介護士などで構成される在宅チームでiPadなどのスマートデバイスを用いて、患者の診療情報や生活情報、服薬情報、ケアプランなどを共有できる他、チームメンバー間で情報を交換する伝言板機能も提供する。

 訪問先でのバイタルサイン、食事状態・摂取量、入浴、排便、睡眠、褥瘡などの生活状況の入力には、ドロップダウンリストなどを使ったテンプレートを自在に作ることができ、その場でも容易に記録できるという。また、iPadの内蔵カメラで撮影した褥瘡写真などもアップロードでき、状況報告とともに指示を仰ぐといったことができる。

 今回のサービスの大きな特徴は、同社の医事一体型電子カルテシステム「Medicom-HR?」、電子薬歴システム「PharnesIII-MX」とデータ連携できることだ。電子カルテに記載された経過やアレルギーなどの特記事項をアップロードできる。一方、電子薬歴システムからは、訪問時服薬指導報告書をアップロードでき、チーム内で情報共有にも使える。アップロードする情報は共有権限設定が可能で、メンバーでの共有範囲を指定できる。

 アクセスには、iPadにインストールする電子証明書、ID/パスワードによる端末/ユーザー認証によってセキュリティを確保している。同サービスは2015年7月27日に販売を開始し、5年間で約500システムの導入を目指している。