PR
MOMTECの新総合健診システム「IMFINE」
MOMTECの新総合健診システム「IMFINE」
[画像のクリックで拡大表示]
IMFINEの予約管理画面
IMFINEの予約管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通関連会社のエム・オー・エム・テクノロジー(MOMTEC)は、ノンカスタマイズ型の総合健診システム「IMFIFE」(アイエムファイン)を、「国際モダンホスピタルショウ2015」(2015年7月15~17日、東京ビッグサイト)に出展した。電子カルテ連携機能をオプションパッケージで提供したことが最大の特徴だ。

 IMFIFEは、同社の総合健診システム「LANPEX」の後継となるシステム。健診の予約・受付・検査・判定支援・請求機能などの基本パッケージと、医事・電子カルテ・検査システム・ME機器連携、巡回健診、受診者のエスコート機能といったオプションパッケージから運用に合わせて選択できる。「よりパッケージ化を進め、基本的にノンカスタマイズで導入できるようにしたことにより、導入・構築時のコスト削減、短期導入、システムの安定稼働をより高めた」(同社担当者)という。

 従来、電子カルテ・オーダリングシステムを導入している施設内健診では、検体検査や放射線検査の予約や依頼を病院情報システムのオーダー機能を使うため再入力する運用がほとんどだったが、IMFINEでは直接オーダー連携することが可能になった。健診結果内容も電子カルテシステム経由で取り込むことができ、電子カルテシステムで診療情報とともに一元的に管理できる。なお、電子カルテ連携は、富士通パートナーである利点を生かしてHOPE EGMAIN-LX、HOPE EGMAIN-GXとのインターフェースを標準実装した。

 一方、健診受診者への結果票は健診センターの独自性を出したいというニーズに対して、帳票作成ツールを実装し、導入ユーザーが自ら標準テンプレートをカスタマイズしてオリジナルの結果票を作成できるようにした。同システムは2015年から販売を開始し、現在4施設で稼動しているという。