PR
医療情報プラットフォームを構成するHealthShare製品ファミリー
医療情報プラットフォームを構成するHealthShare製品ファミリー
[画像のクリックで拡大表示]

 インターシステムズジャパンは、医療情報プラットフォーム「InterSystems HealthShare」を機能ごとに切り分け、コンポーネント化したHealthShare製品ファミリーを「国際モダンホスピタルショウ2015」(2015年7月15~17日、東京ビッグサイト)に出展した。HealthShareは医療機関内、地域における医療情報の収集、交換・共有のための単一プラットフォームとして販売されてきたが、コンポーネント化すると同時に新たにHealthShareパーソナルコミュニティというコンポーネントを追加するなど、ニーズや用途に応じて導入しやすいよう製品ファミリーとして再編成した。

 HealthShare製品はパッケージソリューションとして、「HealthShareヘルスコネクト」「HealthShare患者インデックス」「HealthShare情報交換」「HealthShareパーソナルコミュニティ」というコンポーネントで構成する。

 ヘルスコネクトは、SOA(サービス指向アーキテクチャー)に基づいた医療情報プラットフォーム構築のために医療専用に設計されたエンタープライズ・サービス・バス(ESB)で、標準準拠の相互運用性、ビジネスプロセスおよびワークフロー管理、データ交換などを担う。

 患者インデックスは、高度な患者マッチング・名寄せエンジンであり、同一人物を参照する記録を自動的に特定し、患者ごとに単一の複合個人記録を作成する機能を提供する。

 情報交換は、主要な医療標準規格をサポートし、組織内外のシステムと統合することができる。共有した患者情報の統合ビューアを提供するほか、患者同意に基づいた患者記録の細分化された区分制限など同意プロファイル管理機能を持つ。

 新たに加えられたパーソナルコミュニティは、患者向けポータル機能で、自身の医療記録の閲覧、家族やケアマネジャーなどに閲覧権限を与える代理人機能などが包含されている。

 この他、医療アプリケーション開発のためのプラットフォーム「HealthShare Appサーバ」、「HealthShareヘルスインサイト」などをアプリケーションプラットフォームとして提供している。