PR
運動動作習得アプリ「見ん者 for Athletes」
運動動作習得アプリ「見ん者 for Athletes」
[画像のクリックで拡大表示]

 ペンギン システムはSPORTEC 2015(2015年7月28日~30日、東京ビッグサイト)に、iPadで稼働する運動動作習得アプリ「見ん者 for Athletes」を出展している。お手本となる動画や連続写真とiPadで撮影した動画・連続写真を比較しながら、運動動作の改善ポイントを分かりやすく示し、運動動作の習得速度を向上させるという。

 動画を自動的に分割してコマ単位に比較できるほか、マーカー機能を備えており、指導者が自由線、角度、矢印、円などを画面上に直接書き込むことで、分かりやすく指導できる。テニスや野球などのフォーム分析・指導はもちろん、サッカーなどのチームスポーツではフィールド上のスペースを三角形、移動方向を矢印、移動先を丸で示しながら連携動作を確認する。

 価格は2万9800円(税込)、iOS 7.0以上で稼働する。同アプリは筑波大学体育系との共同研究の成果を生かしたもので、関連する特許3件を筑波大学と共同出願しているという。