PR
NANDフラッシュメモリーよりアクセス速度が1000倍速いと主張する
NANDフラッシュメモリーよりアクセス速度が1000倍速いと主張する
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel社は、米Micron Technology社と共同開発した次世代メモリー技術「3D XPoint technology」を使ったSSDを試作、IDF15で動作デモを初公開した。NANDフラッシュメモリーを使ったSSDに比較して、処理速度を5~7倍高速化できることを示した。同社は、このメモリー技術を活用したSSDを2016年にも市場投入する。高速性を強みに、ビッグデータ処理やヘルスケア分野などへの導入を目指す。

 同社CEOのBrian Krzanich氏による基調講演で実演した。NANDフラッシュメモリーを使う従来型のSSDと、データの書き込み/読み出しの処理性能を比較し、IOPS(input output per second)で5~7倍高速に実行できる様子を示した。Intel社は3D XPoint technologyを使うメモリー製品群を「OPTANE」と名付け、マーケティングを進めていく方針だ。ウルトラブックなどの携帯機器から、サーバー用途まで、幅広い展開を想定する。

 Intel社は2015年7月末に、Micron Technology社と共に3D XPoint technologyを発表、15年末にサンプル出荷を始め、16年から量産出荷するという方針を示していた。Intel社はSSDに加え、DIMMモジュールも製品化する予定で、サーバー向けマイクロプロセッサーの「Xeon」と組み合わせて活用するという。

 製造には、20nmのCMOS技術を使う予定。3D NANDの製造設備と共通化できる部分もあるという。ただしIntel社は、3D XPoint technologyで活用するメモリー素子の詳細などは非公開のままだ。その理由について同社は、「製品出荷などを優先させるため」としている。今後開催される別の学会などで、言及していくとみられる。

OPTANEと名付けてマーケティングを進める考えだ
OPTANEと名付けてマーケティングを進める考えだ
[画像のクリックで拡大表示]
NANDフラッシュを使うSSDより5〜7倍高速処理できるとした
NANDフラッシュを使うSSDより5〜7倍高速処理できるとした
[画像のクリックで拡大表示]
Intel社CEOのBrian Krzanich氏による基調講演で示した
Intel社CEOのBrian Krzanich氏による基調講演で示した
[画像のクリックで拡大表示]