PR

 トヨタは第39回東京モーターショー(一般公開日:2005年10月22日~11月6日)に、燃料電池ハイブリッド車のコンセプトカー「Fine-X」を出展すると発表した。コンパクトカー「イスト」ほどのボディサイズながら、「カムリ」に匹敵する広い室内空間を持つ。燃料電池スタックや70MPaの水素タンクを床下に配置し、4輪をインホイールモータ駆動とすることで、燃料電池車らしいパッケージングを可能とした。燃料電池スタックは新合金触媒を採用しており、貴金属の使用量を大幅に低減しているという。

 ボディサイズは全長3860×全幅1750×全高1550mmで、ホイールベースは2850mm。乗車定員は4名。インホイールモータで4輪を独立して駆動できるだけでなく、操舵も4輪独立とした。その場で回転することや、縦列駐車時に車両の後軸だけを並行移動させることも可能だ。

図1◎ルーフにヒンジを持つガルウイングを採用。ドアは左右に1枚ずつで、回転式の前席を採用した。
図1◎ルーフにヒンジを持つガルウイングを採用。ドアは左右に1枚ずつで、回転式の前席を採用した。
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎植物系の内装材をシートバック、フロアカーペットなどに採用した。
図2◎植物系の内装材をシートバック、フロアカーペットなどに採用した。
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎タイヤの切れ角は90度近くあり、その場で回転、前軸、後軸だけ回転、方向転換などが可能。
図3◎タイヤの切れ角は90度近くあり、その場で回転、前軸、後軸だけ回転、方向転換などが可能。
[画像のクリックで拡大表示]
図4◎インパネ、ドアトリムにゆらぎ照明を採用。くつろいだ雰囲気を演出する。
図4◎インパネ、ドアトリムにゆらぎ照明を採用。くつろいだ雰囲気を演出する。
[画像のクリックで拡大表示]
図5◎燃料電池機構を床下に搭載することで、低重心のレイアウトとした。車両後方に2次電池を搭載する。
図5◎燃料電池機構を床下に搭載することで、低重心のレイアウトとした。車両後方に2次電池を搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]