PR
3社連合が頓挫
日立製作所と三菱電機の半導体部門を切り出したルネサス テクノロジは,当初NECを交えた3社統合を目指していた。しかし,NECの脱退によって計画は頓挫してしまう。このため,ルネサス テクノロジは国費315億円をNECに投入する共同ファブ構想に対して不信感をつのらせたとみられる。最終的にルネサスはマスタ・ファブの最有力候補だったトレセンティテクノロジーズを手放さなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

 共同ファブ構想が完全についえたのは,2005年3月のことである。ルネサス テクノロジが,トレセンティテクノロジーズの吸収合併を決めたことで,「マスタ・ファブ」の最有力候補が舞台から消えた。

 マスタ・ファブとは,共同ファブ構想が最終的に実を結ぶ場のことである。マスタ・ファブに選ばれた工場は,11社の国内LSIメーカーが標準と認めたプロセス技術を導入し,世界に通用する日本版Siファウンドリーになるはずだった。既に技術の開発は済んでいた。2003年10月に完成した,先端SoC基盤技術開発(ASPLA:Advanced Soc Platform Corp.)の標準製造プロセスである。あとは,この技術を大量生産が可能な工場に,コピーすればいい。

†ASPLA=先端SoC向けの設計・製造技術を整備するために日本の大手LSIメーカー11社が2002年7月に共同で設立した企業。2003年3月には国費315億円を使い,NEC相模原事業場の敷地内に90nm世代の試作ライン「先端SoC共同研究センター」を竣工,同年10月に試作請負事業を開始した。2005年9月に解散している。

 技術の移転先として各社が期待したのが,当時ルネサスの100%子会社だったトレセンティである。2004年ごろには共同ファブ構想に参加したほとんどのLSIメーカーが,トレセンティを量産工場とする計画に合意し,資金まで提供する考えだった。ところが親会社のルネサスは,最後まで首を縦に振らなかった。ルネサスは,トレセンティを日本版Siファウンドリーとして独立させる案に,頑強に反対し続けた。