テレビこそがお茶の間の「どこでもドア」になる─。1990 年代後半から語られたネット・テレビのビジョンが,いよいよ現実味を帯び始めた。家族の誰にでも使える軽快な操作感,使い勝手を備え,放送局と連携し,より放送を面白くするサービスを実現する。 ネット接続率の高まりや,SoCなどハードウエアの性能の向上が両輪となって,未来のテレビを理想の姿に近づける。