MEMSセンサは、今や自動車の制御には欠かせない存在になった。
加速度センサでは、民生品での量産をきっかけに価格破壊が始まった。
角速度センサでも、電磁式から静電容量式への進化で価格が下がる。
車輪、ドアなど新たな場所にセンサを置き、新機能を与える動きも始まった。