PR
Android向けアプリを誰でも作れるようにする「App Inventor」

 スマートフォンやタブレット端末では,「どれだけ多くのアプリケーション・ソフトウエア(以下,アプリ)を用意できるか」が成功のカギになる。そのためには,できるだけ多くの開発者にアプリを開発してもらう必要がある。

 iPhone/iPad向けアプリは,Objective-Cというプログラミング言語で記述する。この言語は,MacやiPhone/iPad向けのアプリを開発する用途以外にはあまり使われていない。Apple社が提供する統合開発環境の使いやすさには定評があるものの,言語の習得が開発のネックになる可能性はある。

 一方,Android向けアプリは,Javaという言語で記述する。Javaは企業向けシステムや日本の携帯電話機向けアプリなどの開発に広く使われており,Java開発者の人口は多い。

 それでも,プログラミング自体を知らない人にとってはAndroid向けアプリの開発は難しい。Google社は,この問題を解決するために「App Inventor for Android」というツールの開発を進めている。このツールには,さまざまな機能を持つブロックがあらかじめ用意されており,これらのブロックをドラッグ・アンド・ドロップ操作で並べていくことでAndroid向けアプリを作成できる(図A-1)。GPSや音声読み上げといった機能のブロック,Twitterなど外部のサービスと通信できるブロックなどが用意されているという。

タイトル
図A-1 「App Inventor for Android」のプログラミング部品ブロック
ブロックをGUI操作によって組み合わせていくことで,Android向けアプリを作成できる。