PR

 フィルム技術の進展が、スマートフォンやタブレット端末に使われている静電容量式タッチ・パネルを大きく変えようとしている。静電容量式タッチ・パネルでは、ガラス基板のみを使ったものがほとんどだった。しかし、ここに樹脂フィルム基板を持ち込む動きが加速している。タッチ・センサ基板の材料をガラスからフィルムに換えることで、ロール・ツー・ロール方式の連続生産による大幅な低コスト化を実現可能にする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料