PR

 2011年前半に発売する次世代エンジン搭載の「デミオ」で、モータによるアシストなしに、10・15モード燃費30 km/Lを実現する─。マツダが10月20日に発表した次世代車両技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」は、自動車業界で大きな反響を呼んだ。というのも、30km/Lという燃費が、マツダの発表に先立つ10月8日にホンダが発売した「フィットハイブリッド」と同じ数字だったからだ。

企業体質の強化にもつなげる

 マツダが開発した次世代車両技術「SKYACTIV」は、以下のような六つの要素技術から成る。

(1)ガソリンエンジンとしては世界一の高圧縮比14.0を実現した高効率直噴ガソリンエンジン 「SKYACTIV-G」(扉参照)

(2)ディーゼルエンジンとしては世界一の低圧縮比14.0を実現したクリーンディーゼルエンジン 「SKYACTIV-D」(扉参照)

(3)伝達効率を向上した自動変速機「SKYACTIV-Drive」(扉参照)

図1 新型手動変速機「SKYACTIV-MT」
図1 新型手動変速機「SKYACTIV-MT」
軽快なシフトの感触と大幅な軽量・小型化を実現した。

(4)軽快なシフトの感触と大幅な軽量・小型化を実現した手動変速機「SKYACTIV-MT」(図1

(5)高い剛性と、最高レベルの衝突安全性を実現した軽量車体「SKYACTIV-Body」(扉参照)

(6)正確なハンドリングと快適な乗り心地を両立した高性能軽量シャシー「SKYACTIV-Chassis」(図2

図2 新型シャシー「SKYACTIV-Chassis」
(a)フロントサスペンションとステアリング、(b)リアサスペンション。正確なハンドリングと快適な乗り心地を両立したという。
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした要素技術については、後で詳しく説明していくが、マツダのSKYACTIVの最大の特徴は、エンジンだけ、車体だけの改良ではなく、車両全体を包括的に刷新した点にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い