PR

部門間で共通運用できるBOMを実現するカギは,一つは「繰り返し」の単位をうまく決めること,もう一つはその繰り返し単位にユニークな識別番号(ID)を振ること。当たり前のようだが,基本的にはこれで「何を繰り返すか」の情報が正確に伝わることになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料