PR

電動車両向けに大容量Liイオン2次電池の生産が本格化すれば,その価格は大きく低減しそうだ(図4)。新規ラインを導入するに当たり,全自動化することで人件費を削減すれば,「20万円/kWhだった電池コストを半分に抑えられる」(ある電池メーカー)とする。これに加えて,電動車両向けで大量生産すれば,2015年には「5万円/kWhまで下がる」との声が多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料