PR

レセコンの継続利用、使いやすさを重視

 「電子カルテは、以前に非常勤医だった他の診療所で使っていたことがありましたが、当時(2000年代初め)のシステムはけっして使いやすいものではなく、なかなか導入に踏み切れませんでした」(高橋氏)と振り返る。当時から、診療事務を効率化するために、処方せんや診療情報提供書など文書作成にFileMakerを利用してきた。しかし、紙カルテの管理やカルテの手書き記載の煩雑さや手間から解放されたいという気持ちは強かったという。

中之島クリニック院長の高橋貞就氏

 開業時から運用してきたレセコンを継続利用できることを条件に、導入・運用コストを抑えた使いやすい電子カルテを求めていたところに、レセコンベンダーのエムシスから紹介されたのが、ANNYYSだった。

 2013年10月に正式リリースされたANNYYS_Developer版(以下、ANNYYS_D版)は、日医標準レセプトソフト(ORCA)との対話機能を標準実装していることを特徴の1つとしている。エムシスのレセコン「M7Rezept」はORCAの仕様を踏まえたもので、データベースはFileMaker Proで作成されている。

 「電子カルテ導入に伴う事務スタッフの負担を軽減するためには、レセコンの継続利用は譲れませんでした。M7Rezeptとの親和性が高く、エムシスがANNYYS開発に関わっていたため導入を検討しました」(高橋氏)。実際に操作してみて、メーカー製電子カルテと機能的に遜色はなく、ユーザーインタフェース、操作性、画面表示などユーザーフレンドリーで使いやすい印象を受けたという。

 「日本外来小児科学会の電子カルテ開発プロジェクトでの仕様策定という経緯から、小児科以外では不要な機能も多いのではと危惧しました。しかし、使わない機能は画面から隠すことができ、欲しい機能だけを使える構造だったため、導入に踏み切りました」(高橋氏)と導入の経緯を話す。

 ANNYYS_D版の画面構成は、過去カルテ(履歴)と新規入力(編集)が左右に並ぶ構成で、診療所向け電子カルテでよく見られるルック・アンド・フィール型。しかし、過去カルテエリア、新規カルテエリアともタブ操作で画面が切り替わるが、それ以外は一画面に情報が集約されている。

カルテ画面は、タブによる切り替えで一画面にカルテ情報を集約。マルチウインドウ操作による煩雑さ、わかりにくさをなくしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「マルチウインドウ形式のユーザーインタフェースは、便利さもある反面、画面を呼び出す操作や裏側に隠れた画面を探す手間などで思考を妨げられます。使用頻度の高い項目を大きく表示できる一画面構成のANNYYS_D版は、迷わずに直感的な操作ができます」(高橋氏)と評価する。