PR

問診票の電子化、血圧・体重データをコンティニュアで転送

 一方、外来患者の問診票入力システムは、従来は紙による手書きの問診票をUltrabookやタブレット端末で入力していくもの。紙の問診票をフォーム化して基本的にキーボードで入力していくが、血圧・脈拍・体重をコンティニュア対応測定機器で測定し、自動的に問診票フォームに転送、i-EHRに登録する仕組みだ。

 現状では多くの病院と同じように、患者が記入した紙の問診票に、看護師が測定結果・データの記入を補助して、外来診察に回している。情報は診察時にドクターが電子カルテに入力し、問診票原本はスキャンセンターに送って、PDF化して保存する。問診業務支援システムの運用によって、測定データ以外の入力で看護師の作業負荷がかかるが、電子化された問診フォームから電子カルテへのコピー&ペーストが可能になり、医師の作業が効率化される可能性があるという。

電子化された問診票。測定データはコンティニュア対応測定器からi-EHRデータレジスターを介してフォーム上に取り込まれる。
[画像のクリックで拡大表示]

 最近では、タブレット端末を患者に渡して入力してもらう、入力を簡略化するためあらかじめ回答を選択項目として登録する、などの試みを実施している医療機関もある。澤氏は「ある、なし、回数、などの選択可能な項目は簡略化できます。しかし、主訴などについては、患者さんの言葉で自由に記述してもらうことが医学的な見地からも重要」と主張、入力の簡便性のためのシステム化には限度があると指摘する。

 ただ問診業務支援システムは、測定データ転記作業効率化やミスの削減、データ活用の有用性に関して、大きなメリットがある。帝京大病院では、同システムの本運用にあたって、診療科ごとに問診内容が異なることから、実施に適した診療科から順次システム化を進める。澤氏は「予約なしの患者さんの問診票は、記入済みの問診票用紙を診察室に振り分けて届けることで、医師にその患者が振り分けられたことを知らせる役目を果たしています。電子化した場合にその仕組みをどうシステム化するかを、検討する必要があります」と残る課題について説明した。

 澤氏は、コンティニュアによる診療現場のラストワンマイルソリューションについて、「患者さんに対してだけでなく、医療スタッフの健康管理なども含め、様々な活用シーンが考えられます。院内でのコンティニュア対応機器やUltrabookのようなモバイルデバイスの効果的な導入・運用を、いろいろ試そうと思っています」と述べた。

※注 Ultrabook:インテルが提唱する薄型・軽量、洗練されたデザインで、高い応答性とセキュリティ機能を実現したノートPCの新しいカテゴリー。第2世代以降のCore iシリーズプロセッサー搭載、厚さ21ミリ以下(14型未満は18ミリ以下)、休止状態から7秒以内の復帰などの定義がある。

■病院概要
名称:帝京大学医学部附属病院
住所:東京都板橋区加賀2-11-1
病床数:1154床(一般:1107床/精神:47床)
主な承認指定:特定機能病院/救命救急センター/総合周産期母子医療センター/がん診療連携拠点病院/救急医療機関指定/災害拠点病院/臨床研修指定病院
Webサイト:http://www.teikyo-u.ac.jp/hospital/