PR

ICT活用の周辺システムも

旭化成
タブレット端末を利用した透析資材管理システム

 在宅血液透析については、透析資材管理システムや、安心見守りシステムといったICTを活用した周辺システムについても展示していた。

 透析資材管理システムは、透析の施行状況や資材の発注・受領をタブレット端末などを用いて管理できるものである。従来は紙で管理していたが、タブレット端末を利用することで効率化を図れる他、データを病院と共有するといったことなどが容易になる。

旭化成
安心見守りシステム

 安心見守りシステムは、透析中の様子を別室にいる家族などに見守ってもらうことができるものである。Webカメラを利用した映像に加え、センサを利用して気温や湿度、心拍数、血圧などの情報も同時に家族に伝送できるようにした。同システム自体は、単に透析中の見守りに限らず、「独居老人の見守りへの応用なども考えられる」(水野氏)とする。

睡眠時の体動モニタリング

旭化成
体動モニタリング・システムに使う感圧シート

 今回の実証ルームにおけるもう一つのコンセプトは、(b)の生体モニタリングに関連する展示である。現時点で旭化成グループが保有する技術を活用して考えられるモニタリング・システムが示されていた。

 例えば、旭化成せんいの「感圧シート」を活用した体動モニタリング・システムを展示した。睡眠中の人の体の動きを、パソコンなどで外部からモニタリングできるシステムである。介護・見守りなどの用途に応用できると踏む。

 感圧シートは、導電性の糸を利用したシート。シートの各部位への圧力の掛かり具合を検知できるという。濡れると電気が通りやすくなるという特性を生かした応用も考えられるとする。