PR

電子聴診器を活用したモニタリングも

旭化成
電子聴診器「エレキオ」を利用した呼吸・心音モニタリング・システムの様子

 旭化成の電子聴診器「エレキオ」を用いた、呼吸・心音モニタリング・システムも展示した。睡眠中の呼吸・心音情報を、パソコンなどへ無線で連続送信するシステムである。

 電子聴診器が呼吸や心音を読み取って波形や状態を表示する。その波形などが正常時と異なり注意が必要な場合には、アラームを発する。

旭化成
針抜けのモニタリングの様子

 同様のシステムを活用して、透析中の血圧変動・針抜けをモニタリングするシステムも展示した。電子聴診器が血流音から血圧を推定し、その状態をパソコンなどへ無線で連続送信する。注意が必要な状態になった場合には、家族などにアラームを発する。

重要になる“家”の役割

 今回の在宅ヘルスケア実証ルームで披露していたのは、旭化成グループが保有する技術を生かした在宅医療・在宅ヘルスケアのコンセプトである。将来想定される、在宅ヘルスケアの世界の一端にすぎない。同社としても、今回の実証ルームをキッカケにさまざまな意見を取り入れ、さまざまな方向性を模索していく考えだ。例えば、今回の実証ルームには存在しなかった、予防医療を実現するための在宅ヘルスケアの展開も視野に入れているという。

 大病院完結型の医療システムの見直しを迫られている今、今後は“家”の役割がますます重要になっていくのは間違いない事実である。今回の在宅血液透析の事例からも、収納のレイアウトなど家造りの段階から医療・ヘルスケアへの配慮が不可欠になっていくことがうかがえる。“家”と医療・ヘルスケアの融合を模索する動きは今後、ますます活発になりそうだ。