PR

 所沢肛門病院は、肛門・大腸疾患(痔の治療や大腸内視鏡検査・治療)の分野で多くの診療実績を誇る大腸肛門科専門病院だ。X線や内視鏡画像のデジタル管理移行を機に、2010年9月から電子カルテの運用を開始している。カルテに記載する際に肛門患部の描画が必須であることから、診療部門すべてにペンタブレット型端末を導入し、テンプレートの活用で記載業務を効率化。疾患と治療方針が比較的限定される特徴を活かし、セットオーダーや手術入院パスの電子化によって、電子カルテ運用のメリットを享受している。


 2011年11月に開院30周年を迎えた所沢肛門病院(44床)は、全国でも数少ない大腸肛門科専門病院である。痔核などの肛門疾患治療や、大腸内視鏡をメインにした大腸癌診断、ポリープ切除などの内視鏡治療を専門に行なっている。日本大腸肛門病学会指導医・専門医を中心に6人の医師が在籍し、肛門手術は年間約2100件、大腸内視鏡検査は年間約8000件の実績を誇る。

所沢肛門病院の外観。右奥の建物が大腸検査センター
所沢肛門病院の外観。右奥の建物が大腸検査センター

 「痔は手術を行っても再発する、という認識を多くの患者さんが持たれています。当院では再発のない治療をモットーとしており、その実績が認められ口コミで来院する患者さんが多いようです」と院長の栗原浩幸氏は説明する。数多くの臨床経験に基づいて、その成果を論文や学会などで発表してきており、高い評価を受けている。その1つとして、「後方複雑痔瘻および低位筋間痔瘻を明確化した痔瘻分類」で、2008年度の日本大腸肛門病学会賞を受賞している。

 2011年の大腸内視鏡検査総数は7870件で、1402件の大腸ポリープの切除を行なっている。発見した大腸癌は、早期癌77例を含む225例。同院における大腸内視鏡検査の特徴は、予約をせずに当日の朝来院して検査を受けられる点にある。本館隣にある大腸検査センターには、3室の内視鏡検査室と、当日に下剤を飲み腸管洗浄を行う前処置室を完備。毎日数十例の検査に対応できる人員体制と、効率的なプロセスの整備で、こうした効率の良い診療を可能にしている。