PR

ペンタブレット端末の多用で診療科特有のニーズに対応

 導入したシステムは、電子カルテシステムER、医療事務管理システム(以上ワイズマン)、PACS(パナソニックメディカルソリューションズ)、診察券発行機(ドットウェル ビー・エス・エム)など。電子カルテ・医療事務管理システム端末17台のうち、外来診療部門(4台)、内視鏡室(3台)、手術室(1台)にペンタブレット型のデスクトップPCを導入している。内視鏡室にもペンタブレット型端末を配置したのは、内視鏡所見の絵をその場で入力できるようにするためだ。

電子カルテの画面。液晶ペンタブレットの採用により、描画ツールで描いた絵も取り込める
[画像のクリックで拡大表示]

 ペンタブレットによる入力では、白紙状態のシェーマツールに直接描くのはもちろん、テンプレート化した肛門の図に患部の様子を描き込むこともできる。また、痔の種類(疾患名)、症状、処置名など頻繁に使う名称を登録しておき、ペンでドラッグ・アンド・ドロップできる。「運用当初は、紙と勝手が違って描きにくく感じましたが、慣れてくればテンプレートを活用して効率的で見やすい記述ができるようになります」(栗原氏)という。

ペンでの入力の様子。頻繁に使う名称を登録しておき、描画にドラッグ・アンド・ドロップで挿入できる
[画像のクリックで拡大表示]

 同院では、電子カルテのログインに独特の方法を採用している。数人の医師が外来を担当しているが、医師は外来診察ブースひとつを担当するのではなく、4つのブースを移動しながら診察している。そのため、各ブースで医師がその都度システムにログインし、患者カルテを呼出す方法では、時間のロスになる。そこで、「診察医」という共通ログイン名を使用してあらかじめログインしておき、入力の際に医師名を明記して操作する。また、各診療端末にはカードリーダーを設置して、患者の磁気診察券でカルテを呼び出す方法をとっている。

 磁気診察券は、モダリティとの患者属性連携にも利用している。X線DRや内視鏡装置に属性情報を入力する手間をなくすために、各モダリティにもカードリーダーを設置した。電子カルテ(オーダリング機能)と属性情報を連携させるためにネームサーバーなどの導入が必要になるものの、磁気診察券とカードリーダーの運用でコスト削減が可能だという。