PR

画面のシンプルさ・直感的な操作性を重視

 最終的な3社の候補の中から「Brain Box」を選定した最大の理由は、画面のシンプルさと直感的な操作性だという。「最初からたくさんの情報を表示しようとして、ごちゃごちゃした画面構成が多い電子カルテの中で、Brain Boxの画面のシンプルさが非常によかった。ペンタブレット入力ができるうえ、Macのような直感的な操作感覚が気に入りました」と本田氏は指摘する。

「症状選択」時のキーパッド画面
「症状選択」時のキーパッド画面

 「Brain Box」のユーザーインタフェースで最も特徴的なものが、「ユヤマ・キーパッド」といわれる独自の操作ボタンだ。すべての操作は、このキーパッド内に必要なタイミングで、必要なボタンのみを選択的に表示する仕組みだ。その時点で関係のない、多くのボタンを表示せず画面をすっきりさせることによって、操作に関わる無駄な思考を排除し、素早い入力を実現しようというもの。例えば、「症状選択」のときのキーパッドには、「関節痛」や「発熱」など登録した必要最低限のボタンのみを表示し、ペンタッチで入力するだけで簡単にカルテへの記入ができる。画面の各所に配置された多くのボタンやメニュー、ショートカットメニューなどを駆使しなくても、画面右下に配置されたキーパッドのみを見て操作でき、診療思考を妨げないというのが特徴とされる。

 「直感的に、簡単に操作できることは大きなメリットです。ブラインドタッチができる方ならともかく、画面とキーボードを見ながらでないと操作できない私にとって、ペン入力による直感的な操作ができることは、とても楽です。加えて、診療中に患者さんと正対する時間を少しでも多くすることができます」(本田氏)。

 本田氏が「Brain Box」を評価するもう1つのポイントは、医薬品関連データベースが内蔵され、処方時に最新の医薬品情報を閲覧・確認できる点である。薬の用法・用量はもとより、併用禁忌、相互作用チェックなど添付情報の内容が網羅されるとともに、代替薬も閲覧できる。情報は毎月CD-ROMで配布され、最新の情報に更新される。「当初はそんなに使う機能ではないだろうと思っていましたが、薬を処方する際や患者さんが他の病院から処方された薬の鑑別を行うときなど、一緒に画面の写真を見ながらできるので、予想以上に役立っています」(本田氏)。

電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入してフィルムレスを実現
電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入してフィルムレスを実現

 また、電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入し、フィルムレスを実現したことも木田整形外科のIT化の大きなポイントだろう。単純レントゲン画像は、画像診断とファイリング機能を持った日本ポラデジタルのシステムに蓄積され、電子カルテと連携して隣に設置されたモノクロ2Mの画像ディスプレイに表示されるようになっている。整形外科ではレントゲンは必須であり、デジタル画像と電子カルテの連携による業務の効率化、フィルムレスによるランニングコスト削減など、費用対効果は大きいという。

 「DICOM規格であれば、すべての画像が電子カルテ上から呼び出して診断に利用できます。県立病院にMRIなどによる検査依頼したときも画像データをCD-ROMでもらい、電子カルテに統合させています。フィルムの持ち出しや整理などの作業が不要で管理が非常に楽なので、いまさらフィルムには戻れないのを実感しています」(本田氏)。

各種指標を経営に役立てる

 電子カルテの導入は、医用画像の連携など、診療支援という面で多くの効果を得ている。ただ、“対患者”という視点でみると利点・欠点の双方が見え隠れする……と本田氏は指摘する。

明るく清潔感のある受け付け
明るく清潔感のある受け付け

 「カルテ記入に際しては、操作性がいい電子カルテとはいえ紙に比べれば、患者さんに正対する時間が少なくなりがち。ときどき患者さんの不満そうな視線を感じることがあります。そうした欠点はあるものの、検査結果や診療方針などを患者さんに説明するときに一緒に画面を見ながら納得してもらえる点は大きなメリットです」(本田氏)と、インフォームドコンセント支援の利点を強調する。

 一方、クリニックの経営的視点では、まず紙カルテやフィルムのランニングコスト削減、保管スペースなどの無駄を省く効果を挙げる。それに加えて、紙カルテではできない、レセコン一体型電子カルテならではの医事データの統計を経営に役立てられる利点を強調する。「Brain Box」では、診療行為別診療報酬点数、患者一人あたりの診療行為別診療報酬など多数の日次・月次統計、レセプト1枚あたり診療報酬など各種指標を簡単に見ることができる。

 「最初は眺める余裕もありませんでしたが、さまざまな指標を見るようになると、患者さんの動きを把握して、経営的にいま自分が何を努力しなければいけないか、どこが弱く、どこに無駄があるかなど、ある程度示唆してくれます」(本田氏)といい、経営分析とまではいかないまでも、その機能の利用価値の高さには高い評価を与えている。診療面、経営面のそれぞれの利点・欠点を考慮しても、本田氏は「もうカルテも紙に、レントゲンもフィルムには戻れませんね」と締めくくった。(増田 克善=委嘱ライター)


木田整形外科

■病院概要
名称:木田整形外科
住所:福井市木田3-907
院長:本田敬宜氏
開業:2005年7月
診療:整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科
導入電子カルテシステム:ユヤマ「Brain Box」