PR

 「コンティニュアは、測定データを相談員がすぐに参照できることがポイントです。USB接続の場合は、データを取り込む際に手動でアプリケーション起動を行う必要がありました。しかしコンティニュアは、測定後瞬時にデータが自動でアプリケーションに取り込まれてポップアップ表示されるので、余計な操作が不要です。また、オムロン社製の血圧計が2人分のデータを個別管理できる仕組みだったので、電源投入・使用者選択などと4回ボタンを押さなければなりませんでした。診之介の場合は、待機電源時であれば1回のボタン操作で完了します。相談者が簡単に操作できるという点で、遠隔健康相談システム向けと言えます」(岩丸氏)。

相談者の満足度は高く「街の保健室」として一定の成果

ブースの外観(ツルハドラッグ元町駅前店で撮影)

 実証実験では、2010年3~4月に道内にあるツルハドラッグの中標津東店(中標津町)、岩見沢大和店(岩見沢市)、元町駅前店(札幌市)の調剤薬局を併設する3店に遠隔健康相談システム端末を設置して開始した。3店を選定したのは、過疎化が進む地域(中標津)、大都市部(札幌)、その中間的な市部(岩見沢)、という特徴の異なる地域における健康相談者のデータを収集・分析するためである。当初、3カ月の予定で始められた実験だが、期間を大幅に延長した。12月には実証実験を拡大し、恵み野西店(恵庭市)と北海道以外では初となる小竹向原店(東京都板橋区)の2店に追加設置した。

 実際の遠隔健康相談は、まず相談者から実証実験協力のための同意書を取り、店舗の薬剤師が利用方法や内容の説明を行った上で、ブース内のシステム端末の前に座って北大保健科学研究院の保健師(相談員)と遠隔相談を開始する。通常血圧の測定を実施し、喉頭炎や口内炎などがある場合はハンディカメラを使って患部を撮影するなどして、相談員と情報を共有しながら健康管理、食事指導などを実施する。場合によっては、受診のためのアドバイスなどを行う。

 相談員が入力した指導内容や取り込んだ血圧データは、大学側から操作して店舗ブースのプリンターから印刷して渡せるようになっている。健康相談終了後に、相談者は性別・年齢・家族構成、居住地から店舗までの距離、相談内容とアドバイスに対する満足度、機器操作についてなど15項目に及ぶアンケートに回答。これに、プリントアウトされた内容などを加えて店舗の薬剤師に提出し、アドバイスを受けることができる。

北大内にあるブースの様子。依頼のあった店舗のブースを画面に映して健康相談を実施する

 実験開始から約8カ月で、遠隔健康相談を利用した人は約130人。相談時間は、当初の予定を上回り、1人30分を超えるケースもある。「保健師や看護師が、まず気軽に話してもらえる雰囲気づくりをして、その後に相談者が抱えている問題の本質を引き出すのですが、そこにたどり着くまでに時間を要しているようです。」(小笠原氏)。

 これまでの相談結果やアンケート結果を集計すると、相談者の年齢層は30代・40代が全体の3分1で、20代を加えた50歳未満が4割と、若い年代層の相談者が多いという印象を受ける。「実証実験の主要ターゲットがメタボ予備軍だったので、その点では計画通りの結果」(小笠原氏)という。岩見沢大和店に関しては、岩見沢市が協力して高齢者の健康相談を推奨しているため、60~70代の利用率が高い。相談内容は、体調管理が66%を占め、特定の疾患に関する相談も多い。一方、後藤氏によると、元町駅前店の上階には保育園があるため、園児を迎えに来た母親が育児相談、発育相談に利用するケースも目立つという。

 相談者の全体的な傾向を見ると、健康に関する関心が高い人がより健康管理の上でより具体的なアドバイスを求めるケースと、何らかの不安を抱えながら病院に行きたくない、あるいは病院に行くかどうか悩んでいて相談に訪れるケース、この2つに分類できるという。後者については、「診断にならないよう注意しながら受診を勧め、適切な診療科のアドバイス、公平な立場での病院紹介などを実施しています」(小笠原氏)。

デジタル血圧計や患部などを撮影するハンディカメラ

 満足度については、約半数が「とても満足」と回答しており、「やや満足」を加えると9割近い相談者が満足している。小笠原氏は「相談場所へのアクセスの問題はありますが、地域住民の方の健康意識をどう変えていくか、健康不安を抱えないよう相談できる『街の保健室』という環境づくり、システムづくりが当初の目的。その意味で、実験進行中ながら一定の成果を出せているのでは」と評価している。

 店舗側から見た場合、設置場所の問題がある。等身大を表現できる大型画面を使用して現実感や臨場感を持たせるという目的があるため、現在は37インチの大画面を設置している。しかし運用の現実面を考えると、高品質な映像を確保できれば大画面は必ずしも必要でないという意見もある。そこで、新たに追加した実験店舗では、IPフォンと一体化した小型のデスクトップ型端末を導入した。

 ツルハの後藤氏は「実証実験ということもあり、相談者のプライバシー保護のため完全に囲われたブース内で相談する環境にしていますが、利用者は密室に入るという抵抗感もあるようです。調剤カウンターで患者さんに処方薬などを説明する日常的な業務を考えると、顔が隠れる程度の大きさのパーティションがあれば、ある程度オープンな環境でもプライバシー的に問題はないのでは。実際の運用ではコスト面も問題になりますから、スペース的にも利用説明をする上でも調剤カウンターの脇に設置できる省スペース型でよいのでは、と考えています」と、小型のデスクトップ型端末への期待を述べる。