医療機器の「デバイスラグ」解消に向け、有望技術を製品化につなげる取り組みが始動

カーソルキー(←/→)でも操作できます