自動飛行ヘリでパネルの異常を発見

 また、赤外線カメラ搭載のヘリコプターを開発し、実証試験に取り組んでいる(図2)。自動で飛行し、一定以上に高い温度の太陽光パネルを検出したら、そのパネルを自動で撮影するものである。メガソーラー(大規模太陽光発電所)など、広い範囲にわたる太陽光発電システムの検査に向く。

図2●点検用の各種装置
左上から二つ目が実証中の自律型ヘリコプター(出所:中部電気保安協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした狙いで開発される赤外線カメラ付きのヘリコプターには、点検者が無線操縦しながら検査するものが多い。しかし、メガソーラーのような規模の広い範囲で、作業者がモニタリングしながら操縦し、撮影するのは効率的ではない。

 そこで、中部電気保安協会では、位置と航路を設定して自動で飛行させ、自動で異常の可能性がある太陽光パネルを発見して撮影し、戻ってくる自律型のヘリコプターを開発している。

 メガソーラーだけでなく、屋根設置型でも、点検しづらい場合があり、高所に設置された太陽光発電システムの点検にも活用していきたい。