PR

 有料老人ホーム大手のロングライフホールディング(大阪市北区)は2014年3月26日、韓国のグリーンケア(京畿道城南市)に子会社を通じて5億5000万ウォン(約5200万円)を出資し、同社の株式10%を取得した。

 グリーンケアは韓国内で訪問介護事業所47カ所、通所介護事業所3カ所を運営している。同社は今後、韓国内で有料老人ホームを開設する計画で、ノウハウ習得や人材交流の目的からロングライフと提携。社名もロングライフ・グリーンケアに改める。

 ロングライフ側は、韓国には日本の介護保険制度に相当する「老人長期療養保険制度」があり、有料老人ホーム事業を展開しやすいと判断した。2年以内に70室規模の有料老人ホームを3棟開設することを当面の目標に据えている。