PR

入室には生体認証が必要

 まずは、入室。検査ラボで扱う一般消費者の遺伝情報は「究極の個人情報」(DeNAライフサイエンス 代表取締役社長の深澤優壽氏)であるだけに、セキュリティは厳重だ。入室には暗証番号の入力と指紋認証と静脈認証が必要で、入退室はカードキーに記録される。

入室には静脈認証が必要
[画像のクリックで拡大表示]