PR
出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 「Health Data」は、計測したデータを七つのカテゴリー別に格納する(上の写真左側)。例えば、「Fitness」のカラムにタッチすると、ボディマス指数 (BMI)、体脂肪率、走行距離、カロリー消費量などを見ることができる。

 「Medical ID」は、利用者の個人情報を格納したページで、氏名、既往症、特記事項、アレルギー、服用薬、緊急時の連絡先などが記録される(同右側)。Medical IDは、緊急時には利用者のミニ・カルテとなる。医師などが、医療情報にアクセスできる。

 「Sources」は、どのデバイスからデータを収集しているかを表示する。更に、どのアプリがデータを参照しているかを示す。どのデバイスでデータを計測し、どのアプリにアクセス権を付与しているかを把握できる。このように、Healthは複数のウエアラブルで収集したデータを一元管理し、統合的に表示する。