PR
出典: Google

健康な人体を定義する

 これに先立ちGoogleは、健康な人体を定義する研究「Baseline Study」を開始した、とWall Street Journalが報道した。Baseline Studyは、175人の健康な被験者から遺伝子と分子情報を収集し、健康な人体のベースラインを定義する研究。将来は数千人規模に研究を拡大する。このプロジェクトは高度技術研究所Google Xで行われ、分子生化学研究者Andrew Conrad(上の写真左端)が指揮を取る。

 Baseline Studyの目的は、心臓疾患や癌など病気の兆候を早期に発見すること。病気を発症してからではなく、健康な人体が病気になりそうなサインを見つける。これにより医師は、病気予防に重点を置いた措置が可能となる。東洋医学に「未病」という言葉があるが、この研究はこのコンセプトに近い。

 Baseline Studyは、今年の7月から始まった。医療検査会社が被験者から、尿、血液、唾液、涙を採取する。収集したデータはコンピューターで処理され、身体特性「Biomarker」を特定する。Googleはまず、監視対象としてコレステロールを挙げている。解明が進むと、脂質を分解するBiomakerを特定でき、コレステロールを下げる薬を飲まなくても、健康な生活を送ることが可能となる。