PR

 コンビニエンスストア大手のローソン(東京都品川区)は、介護事業者と提携し、要介護・要支援者やその家族、一般高齢者向けのサービスを拡充したコンビニを展開する。高齢化を背景にした来店促進策の一環で、関東・中部・関西の都市部を中心に3年間で約30店の展開を見込む。

 1号店は、介護事業者のウイズネット(さいたま市大宮区)がローソンのFCに加盟して2015年2月に埼玉県川口市内に開設。ケアマネジャーを日中配置し、顧客の要望に応じて、通所介護などのサービスの紹介や高齢者住宅の入居相談を行う。つえなどの介護用品の注文や店頭での受け取りも可能。ウイズネットの配食サービスの物流網を活用し、ローソンの店頭商品の宅配サービスも提供する。