2014年のノーベル物理学賞を、赤崎勇氏(名城大学)、天野浩氏(名古屋大学)、中村修二氏(米University of California Santa Barbara校)の3人が受賞しました。受賞理由は高輝度青色発光ダイオード(LED)の発明に対してです。ここでは、受賞者に関する記事や技術動向記事などをお伝えします。