PR

データの応用で関連ビジネスが広がる

 疾病の重篤化を防ぐには、まず、測定する手段、すなわち、最適なセンサーの開発が不可欠となっている。最適なセンサーを使って、疾病の状態を定量化し、指標を作り、患者がどの段階にあるのかを、自覚を促す必要がある。

 そして、最適な対応策を確立することが必要になる。レベルを知り、ケアすることを繰り返すことで、健康の維持、改善につながる。

 こうした情報をネットワーク上で共有化し、データの蓄積、指標の確立、個別指導に生かし、高齢者の生活に反映させることで、高齢者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を向上できる。