PR

 青色LEDの発明で2014年のノーベル物理学賞を受賞した、名城大学の赤崎勇氏と名古屋大学の天野浩氏、UCSBの中村修二氏が、2015年3月に開催される「第62回応用物理学会春季学術講演会」で講演する
紹介ページ)。3月13日午後に東海大学 湘南キャンパスで実施される。

 春季学術講演会は参加費が必要だが、受賞者3氏の講演に関しては、最大500名が無料で聴講できる。希望者が500名を超えた場合は、抽選になるという。事前のWebサイトでの申し込みは2015年2月13日正午が締め切りである。この他、春季学術講演会の参加費を支払った人も聴講できる。13日当日に先着1300名分の整理券を配布する予定である。