PR

 ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学の天野浩氏が現在注力する研究分野は、紫外LEDや紫外半導体レーザーといった紫外発光素子と、パワー素子である。両分野が「新たなイノベーションを起こす」とし、天野氏が2015年2月12日から都内で開催中のNEDO成果報告会「NEDO FORUM」で講演した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!