PR

Autopilotで運転している時のディスプレイ

出典: Tesla
[画像のクリックで拡大表示]

 インスツルメントパネルのデザインも一新される。上の写真はAutopilotで運転している時のディスプレイで、中心部分にセンサーが捉えた周囲のオブジェクトが表示される。前方のクルマとの車間距離は青色のバーで示され、この距離を保って走行する。

 追従モードを選択することもできる。アグレッシブモードでは、前のクルマとの車間距離を詰め、追跡するような勢いで追随する。反対に、リラックスモードでは、車間距離を十分にとり、余裕を持った走りができる。接触の危険性があるクルマは赤色で表示され、ドライバーがハンドル操作で、制御をオーバーライドできる。

自動で駐車する機能まである

出典: Tesla
[画像のクリックで拡大表示]

 自動駐車機能「Autopilot Parking」も登場する。路上で駐車スポットを見つけると、クルマはそれをドライバーに知らせ、自動で駐車する。充電ステーションSuperchargerでは、自動で空きスペースを見つけ駐車する。自宅ではクルマが自動でガレージに駐車する。狭いガレージにクルマを出し入れするのに、困ることはない。

 私有地であれば、クルマはドライバーのスケジュールを把握し、自動でガレージのドアを開け、外に出て路肩に駐車して搭乗を待つ(上の写真)。GPS経由でリアルタイム渋滞情報を受信し、自宅から目的地までの所要時間を計算。時間になると、路肩でスタンバイする機能もある。まるでハイヤーを利用する気分で、ドライバーは玄関前で待っている車に乗る。Teslaはドライバーとクルマの新しいユーザーインタフェースを提案している。