PR
講演する元木氏
講演する元木氏
[画像のクリックで拡大表示]

患者を最適な治験にマッチング

 一方、Watson Clinical Trial Matchingはその名の通り、新しい治療薬の効果を人間で試す臨床試験(治験)におけるマッチングを支援する。米国の大手医療機関であるMayo Clinicなどと実証実験を進めている。

 臨床試験では従来、患者とその患者にふさわしい条件を備える臨床試験をマッチングするシステムが存在しなかった。このことが、臨床試験がしばしば計画通りに完遂せず、膨大なコストがかかる要因ともなっている。

 この課題に対してWatsonは、それぞれの患者と臨床試験の条件を最適にマッチングする。患者の診断記録から関連する属性を抽出し、臨床試験の条件に照らして評価。欠けている条件の洗い出しなども行う。このような手法で効率よくマッチングすることで、患者や医療機関にとっては多くの治療法の選択肢が与えられ、製薬会社にとっても患者の効率的なリクルーティングや「臨床試験の期間短縮につながる」。